住宅ローンを利用するなら

いよいよ本審査を行います

工事が完了した後、検査に問題が無ければそのまま引き渡しとなり、いよいよ我が家になります。大まかな流れとして、検査が通った後すぐに「表示登記」と「保存登記」の申請が必要になります。前者は新築の建物の登記簿を作るために必要で、後者は権利を得るために必要な申請になります。そして、住宅ローンを利用する場合、金融機関と正式なローン契約を行うことになります。
ほとんどの金融機関は建築基準法や建築基準関係規定に基づき、工事前にローンの審査で仮審査を通しますが、本審査は仮審査と基準が異なり、返済能力に加え、万が一返済が不可能になった場合を想定して、物件の価値の高さや、契約者の健康状態などの細かな審査を行います。

必要な書類と必要な手続き

建物が完成したら、保証会社による審査があります。前述の通り、仮審査と本審査は審査基準が異なります。本審査には建築前に建築基準法や条例に沿った建物であるかの申請行い、通った証拠となる「建築確認済証」と、「住宅の登記」、「工事請負契約書」の3つの書類が必要になります。ここでの細かな審査が通ると、本契約を行います。ここで気を付けたいのが注文住宅の場合、引き渡しによって施工会社への支払いが始まっているので、つなぎ融資を利用する必要があることです。
つなぎ融資は、住宅ローンの契約が実行されるまでのつなぎで融資されるものなので、利用した融資は返済しなければなりません。住宅ローンが実行されたら、すぐに手続きをしましょう。

建売住宅は、注文住宅より安いのが魅力なうえ、すぐに購入でき入居できます。ローンも、土地と建物をまとめて購入できるので組みやすいです。住みたい立地内でたくさん見学して比較してみるのもまた楽しいです。

© Copyright Buying Process Simpler. All Rights Reserved.